ここから本文です

2Fグランドセイコーウオッチ

コーナーのご紹介
ここでは、1960年の初代モデルから最新のモデルまでのグランドセイコーの歴史を紹介。グランドセイコーは、ムーブメントや素材の開発から設計、外装部品を含むほとんどの製造工程、組立、調整、検査までのすべてを自社で担う、世界でもほとんど例のない真の「マニュファクチュール」ブランド。一点一点、最先端の技術と最高レベルの匠の技を融合して、手作りしている高級腕時計。

GS 年差9Fクオーツ

展示品音声解説
クオーツを越えた究極のクオーツ
グランドセイコーは、1988年にクオーツ式時計で復活。そして、5年後の1993年、'クオーツを越えたクオーツ’を標榜する究極のクオーツ時計、年差±10秒の「GS年差クオーツ」9Fが完成。キャリバー9Fには、秒針が目盛に正確に止まる「バックラッシュオートアジャスト機構」、太く見やすい針を動かす「ツインパルス制御モーター」、「瞬間日送り機構」、「スーパーシールドキャビン」の、4つの新機能が搭載されており、グランドセイコーが目指す腕時計の本質「正確さ」「美しさ」「見やすさ」そして「長く愛用でき」「使いやすいこと」を徹底的に追求した、最高峰のクオーツ時計。こちらの時計は、2013年に発売された9F82 のモデル。

音で楽しむセイコーミュージアム TOP