ここから本文です

2Fセイコーウオッチ 後期

コーナーのご紹介
引き続いて、1960年代後半から現代までのセイコーの主なウオッチを紹介。世界に追いついたセイコーは、その後多くの世界初の技術を開発し、業界をリードしていく。

スプリングドライブ

展示品音声解説
展示品動画解説
セイコーならではの独自機構
1999年に発売した、機械式とクオーツを融合したセイコーならではの時計が「スプリングドライブ」。ぜんまいを動力としてクオーツで精度を制御する仕組み。機械式時計は高精度化には限界がある。これをクオーツ時計並みの高精度にするために、調速機構を水晶とICに置き換えている。水晶の正確な信号とローターの回転速度を比較して、ICがローターに磁力でブレーキをかけ、ローターの回転速度を減速して針を制御し月差±15秒のクオーツ並みの精度を保つ。機械式と異なり脱進機で時を刻んでいないので、秒針の運針は自然の時の流れを感じることができるスイープ運針。

音で楽しむセイコーミュージアム TOP