ここから本文です

2Fセイコーウオッチ 後期

コーナーのご紹介
引き続いて、1960年代後半から現代までのセイコーの主なウオッチを紹介。世界に追いついたセイコーは、その後多くの世界初の技術を開発し、業界をリードしていく。

GPSソーラーアストロン

展示品音声解説
世界初GPSソーラー腕時計
2012年に発売した、世界初のGPSソーラー腕時計が「GPSソーラーアストロン」。世界中の全てのタイムゾーンに対応し、ボタン操作ひとつで、いつでもどこでも正確な時刻を知ることができる。リングアンテナが、2万キロ上空の4基以上のGPS衛星から電波をキャッチして、現在の正確な位置と時間を認識。現行モデルは、薄く小さくなり、ワールドタイムからクロノグラフまで多くの種類がある。1969年のクオーツ アストロンの誕生以来、セイコーはつねに先端の技術を模索し、時計の常識を革新させてきた。

音で楽しむセイコーミュージアム TOP