ここから本文です

2F和時計

コーナーのご紹介
不定時法に合わせて、江戸時代に日本人によって作られた機械式時計「和時計」を展示。不定時法とは、一日を夜明けと日暮れを基準に昼と夜に分け、それぞれを六等分して「一時(いっとき)」とするもので、一年を二十四節気に分けて、季節によって時間単位の昼と夜の長さが変化する複雑な時刻制度。江戸時代を通じて、世界でも珍しい、日本人の知恵のつまった、様々な機構・様式の和時計が製作されたが、明治6年からの「改暦」で、一日を24時間に等分する定時法が採用されたことで、その使命を終える。
コーナー音声解説

二挺天符目覚付袴腰櫓時計

展示品音声解説
展示品動画解説
昼夜時間の自動切換え機構
江戸時代中期に製作された「二挺天符目覚付袴腰櫓時計」は昼用と夜用の二つの時計、二挺の棒てんぷを持っている。上の棒てんぷが昼用、下の棒てんぷが夜用で、夜明けと日暮れ時に自動的に切り替わる機構を備える。一つの棒てんぷ、すなわち一挺天符式は、夜明けと日暮れの一日二回、月60回の左右の錘の調整が必要だったが、二挺天符の和時計では、数取車(かずとりぐるま)と連動した自動切換え機構によって、24節気ごと、月2回の錘の調整で済み大変便利になった。時打ちと、任意に設定出来る目覚機構も付く。江戸時代の和時計に見られる技術・技能の高さは、明治維新以降の急速な産業発展の要因のひとつと言われている。

音で楽しむセイコーミュージアム TOP