ここから本文です

2F和時計

コーナーのご紹介
不定時法に合わせて、江戸時代に日本人によって作られた機械式時計「和時計」を展示。不定時法とは、一日を夜明けと日暮れを基準に昼と夜に分け、それぞれを六等分して「一時(いっとき)」とするもので、一年を二十四節気に分けて、季節によって時間単位の昼と夜の長さが変化する複雑な時刻制度。江戸時代を通じて、世界でも珍しい、日本人の知恵のつまった、様々な機構・様式の和時計が製作されたが、明治6年からの「改暦」で、一日を24時間に等分する定時法が採用されたことで、その使命を終える。

べっ甲蒔絵枠時打印籠時計

展示品音声解説
徳川斉昭所持品
和時計も西洋時計と同じように、調速方式が棒てんぷから、振り子や円てんぷに進化。「べっ甲蒔絵枠時打印籠時計」は、動力にぜんまい、調速に円てんぷと冠型脱進機を使用し、またその外観はべっ甲の枠で飾られ、全面に美しい蒔絵が施された江戸末期製造の印籠時計。銀製の鐘による時打ち機能に加え、蓋の中には日時計と磁石も付いているこの時計は、水戸藩主の徳川斉昭の所持品と言われている。季節ごとの昼夜の長さに応じて、時間表示の駒の間隔を手で調節して移動させる割駒式の文字板となっている。ヨーロッパでは、洋服のポケットに収納できる懐中時計スタイルが普及したが、日本では和服に都合がいい印籠時計が考案。工芸美術品としても高い評価を得ている。

音で楽しむセイコーミュージアム TOP