ここから本文です

西洋時辰儀定刻活測

画像をクリックすると拡大表示します。

書籍名 西洋時辰儀定刻活測
時期 1857(安政4)年
説明 天保9年出雲の小川友忠が出版したものを、安政4年佐倉の鈴木光尚が校訂増補したもの。西洋時計の使い方を説明する。江戸時代の不定時法における明六つ・暮れ六つの判定方法についての記載は有名。