ここから本文です

鉄枠塔時計(世界最古の機械式時計と同じタイプ)

画像をクリックすると拡大表示します。

展示品名 鉄枠塔時計
時期/時代 1500年頃
国/地域 イギリス
説明 1300年頃北イタリア・南ドイツ地方で発明された最古の機械式時計と同じ機構(重錘式動力、冠型脱進機、棒テンプ、時打ち付き)を備える。一日30分から1時間の誤差があったといわれる。
その他 この機械式時計の登場によって、ヨーロッパの時刻制度は不定時法から定時法へと移行していった。