ここから本文です

線香時計

画像をクリックすると拡大表示します。

展示品名 線香時計
時期/時代 江戸時代
国/地域 日本
説明 寺子屋での授業時間、芸者の仕事時間を、線香の燃える本数で管理したタイマー。線香が1本燃える時間にばらつきが少なかったことから、何本分働いたかで、給与計算を行った。
その他 ここから線香代はチップの意味となった。当時の線香代1本の相場は100疋(現在の価値で約2万円)。また、線香1本が燃焼する時間(約30分間)に一人座敷が務まれば一人前と認められ、ここから「一本立ちする」という言葉が生まれたと云われている。