ここから本文です

服部金太郎物語

第一話 時計商を目指す(1860~1880)

服部金太郎は、1860(万延元)年10月9日、現在の銀座四丁目角近くの京橋采女町に生まれる。父は古物商を営んでおり、8才から寺子屋(青雲堂)で学ぶも、商売に志をたてた金太郎は、11歳の春、京橋の洋品雑貨問屋辻屋に奉公に出る。辻屋は直輸入を手掛ける洋品雑貨業界の先駆者であった。
そして13歳の時、辻屋近くの小林時計店(江戸時代からの時計業の老舗店)の様子を見て、時計屋になろうと決心する。
「雨天の日は客足が少ない。そんな時でも時計店の店員は修理にはげんでいる。販売だけでなく修理でも利益が得られ、大切な<時>を無為にすごさなくともよい。まず、時計の修繕業からこつこつ始めて、開業資金を貯めることも不可能ではない。そうだ、時計屋になろう」

服部金太郎は店主の坂田の窮状に自分が貯めてきた貯金を差し出した。
服部金太郎は店主の坂田の窮状に自分が貯めてきた貯金を差し出した。当時の美談として関係者の間で語り継がれた。(『修養全集 第10巻立志奮闘物語』)

時計商になると決めた金太郎は、日本橋の亀田時計店に移り、2年後、店の都合により上野の坂田時計店に入店し、時計の修理や販売を学ぶ。ところが、店主が他の事業に失敗し、店が倒産してしまう。店を去るにあたり金太郎は、同店在店中の貯蓄をこれまでに受けた恩への返礼として主人に差し出した。店主は感激し、このことは後に美談として残ることになる。

自宅にもどった金太郎は、1877(明治10)年、「服部時計修繕所」の看板をかかげ、中古時計の修理・販売を始める。これがのちの服部時計店の前身である。同時に、京橋にある「技術にかけては名人」と謳われた桜井清次郎の店で働き、懸命に時計技術や商売を学んだ。

第二話 服部時計店を創業する(1881~1891)

通貨収縮による不況時代にあった1881(明治14)年、金太郎は自宅に近い京橋采女町に「服部時計店」を創業する。金太郎21才の時であった。
このころは国産時計の黎明期で、東京・大阪・名古屋などの少数の先駆者が欧米製品をモデルに懐中時計の研究・試作をしていた時期である。従って、時計卸商品は全て横浜や神戸など開港地区に開設された外国商館から仕入れなければならなかった。
商館の取引は30日延し(一ヶ月以内に代金を決済)の約定が定められていたが、当時は江戸時代以来の「盆暮れに清算する」古い商習慣が残っていて、約定を守らない商店も多く、外国商館からは不評をかっていた。
そんな中、金太郎は内外人の区別なく、どんなに困難な時でも、取引の約定を守ったことで、商館・販売店の間で服部時計店の評判が高まった。

創業者 服部金太郎の精神 “(どんなに困難な時でも)必ず約束を守る”

初代時計塔
初代時計塔

特に外国商館は、服部時計店に優先的に新しいモデルを卸してくれるようになり、比較的短い期間にめざましい躍進をとげ、1886(明治19)年の好景気時から、金太郎は舶来時計の卸・販売に集中していくことになる。
そして、創業後6年目の1887(明治20)年には、日本商業の中心地銀座の表通りへの進出を果たし、1895(明治28)年には銀座四丁目の角地(現在の和光)を購入し、時計台を設置した後に移転した。総高さは16mだった。
このころの銀座の街頭は文明開化を象徴する時代の先端をいく街であった。

服部時計店創業10年目の1891(明治24)年、金太郎は「東京時計商工業組合幹事」「東京商業会議所館員」に推挙され、31才にして業界の重要な位置をしめることになる。

第三話 精工舎を創業する(1892~)

吉川鶴彦
吉川 鶴彦

景気好転の兆しがみえた1892(明治25)年、時計の国産化という目標を抱いていた金太郎は、舶来時計の輸入販売で蓄積した資金を元手に、製造に乗り出す。
金太郎は天才技術者と云われた吉川鶴彦と名古屋の掛時計工場を視察後まもなく、本所区石原町(現在の墨田区)の遊休地(硝石工場)を仮工場として、ボンボン時計と呼ばれた掛時計の製造を開始する。
従業員10余名のささやかな精工舎の誕生である。金太郎31才 吉川28才であった。金太郎と技師長となった吉川は共に時計の国産化に邁進することを誓った。翌26年の初夏には柳島町へ工場を移転した。

金太郎は次の固い決意をもって精工舎を創業する。

1.「精巧な時計をつくる」

精工舎設立当時の掛時計
精工舎設立当時の掛時計

「精巧な製品」により、欧米に負けない時計事業を日本に興すという強い覚悟を「精工舎」の会社名に込めた。
また、「良品はかならず顧客の愛顧を得る」という信念のもと、「品質第一」「顧客第一」とするモノ作りに励んだ。

創業者 服部金太郎の精神 “良品は必ず需要者の愛顧を得る(精良な商品は繁栄の基礎)”

2.「人材を育成する」

金太郎は少年時代から向学心が強かっただけに、年少従業員の教育に熱心であった。精工舎創業まもなく、工場内に寄宿舎の制度をもうけ、熟練工の養成に着手する。1900(明治33)年には舎内に夜学制度をもうけ、国語・数学・習字を学ばせている。また、1918(大正7)年頃には服部時計店本店内に旧制中学校に近い内容の夜学制度を設けている。さらに、1927(昭和2)年には大阪支店内に服部商業学校(4年制・夜学)を創立している。

金太郎談(雑誌「活動の日本」タイトル「工業発展の一手段」1905(明治38)年発行)

「我が国の機械工業品の輸出が概して低調であり、とりわけ時計産業が欧米に立ち遅れている原因は、1. 機械設備の立ち遅れ 2. 職工の機械的知識の欠如にある・・・(中略)・・・発展していくためには、簡易工業学校(時計学校)が必要である」

3.「ブランドを大事にする」

創業時から会社のトレードマークを創案するなど、金太郎は「精良な製品を作る」だけでなく、現在でいう「ブランディング」「マーケティング」の重要性を強く意識していた。その精神は、1924(大正13)年、SEIKOブランドの立ち上げや日本初のラジオ・テレビのCM放送、1964(昭和39)年の東京オリンピック公式計時などに引き継がれていくこととなる。

4.「世界から学び、世界を市場とする」

金太郎は精工舎創業当初から目を世界に向けていた。国産時計産業を興すには欧米の時計先進国から学び、市場を世界に求めようとする強い意識を持っていた。
3年後の1895(明治28)年には輸出を開始する。また、米国の最新鋭の製造機械設備の導入には資金を惜しまなかった。

このような金太郎の経営姿勢が服部時計店と精工舎を大きく飛躍・発展させることになる。

第四話 飛躍・成長

47歳の頃の金太郎
47歳の頃の金太郎(1907年)

精工舎の創業は日本の中で決して早くはない。国産時計産業の勃興は1877(明治10)年頃であり、15年ほど後に精工舎を創業している。しかし、創業20年後の1911(明治44)年には国産時計の約60%を精工舎の時計が占めるまでになる。そのめざましい成長の背景には、上記の経営姿勢と合わせ、金太郎の優れた先見性・洞察力と強いリーダシップがあった。

1.最新鋭の工場つくり

1920年当時 精工舎全景
1920年当時 精工舎全景

金太郎は国産時計産業の弱点を機械設備の遅れに課題があるとみていた。創業時は工場の動力は人力であったが、翌年には5馬力の蒸気機関を導入。その後25馬力にアップし、1900(明治33)年には半年に亘る単身欧米視察で買い付けた60馬力の蒸気機関の設置、1906(明治39)年の二度目の欧米視察で買い付けた140馬力の蒸気機関を導入、そして最先端の技術習得と工作機械の導入など、積極果敢に最新鋭工場づくりにむけて邁進する。
また、スイスや国産メーカーの主流であった「水平分業生産方式」ではなく、部品から組立まで一貫して製造する「垂直統合生産方式」を志向し、「精巧で品質の高い製品づくり」と「開発期間の短縮」に取り組んだ。

さらに、工作機械類の内作化に取り組み、量産のネックになっていた部品(カナ)加工の生産性を飛躍的に向上させ、長年赤字だった懐中時計を一気に黒字化するほどの革新をもたらす「ピニオン自動旋盤」を自社開発する。
最新鋭工場への取り組みは、「量産性の向上」に留まらず、「品質の向上」に大きく貢献し、事業の飛躍・成長の原動力となっていく。

2.スピードある商品開発

最初の懐中時計「タイムキーパー」
最初の懐中時計「タイムキーパー」

金太郎は「精巧な良品」で欧米先進国に早く追いつこうとし、1892(明治25)年の掛時計の商品化を皮切りに、次々と果敢に商品開発に取り組む。創業3年後の1895(明治28)年には懐中時計(タイムキーパー)、7年後の1899(明治32)年には目覚時計、1902(明治35)年には懐中時計「エキセレント」を開発、1909(明治42)年には大衆向け懐中時計「エンパイヤ」、そして1913(大正2)年には国産初の腕時計「ローレル」と矢継ぎ早に商品化する。
金太郎は目覚時計のケースにニッケルメッキを施し錆びにくくし、当時世界を席巻したドイツ製(鉄製ケース)の目覚時計を日本や中国(清)市場から駆逐する。
また、大衆向け懐中時計「エンパイヤ」(ピニオン自動旋盤を駆使)は輸入懐中時計に比べて優れているとの評判をとり、国内では欧米懐中時計を押さえ、全国的に普及し、海外にも大量に輸出された。エンパイヤは改良を加えられ、1934(昭和9)年までの26年間生産した名機となる。

1913年 ローレル
1913年 ローレル

国産初の腕時計「ローレル」の登場は、世界で腕時計の量産が始まるのは1910年頃であることを考慮すると、大きく立ち遅れていた国産時計産業にとって、欧米先進国に近づいてきたと実感できた「時代を画する製品」である。また、腕時計の普及は1914(大正3)年に勃発した第一次世界大戦が契機になった事実をみると、大戦勃発一年前の発売のタイミングは絶妙であり、金太郎の先見性とスピード経営の一端が垣間見られる。

3.第一次大戦 空前の好景気 腕時計の普及

第一次世界大戦勃発により、輸出が急増し、空前の好景気が到来する。時計業界もドイツ製の輸出がとまり、精工舎はイギリスから約60万個、フランスから約30万個という大量の目覚時計を受注する。
海外需要が急増するも、大戦中は輸入材料が途絶えてしまうが、金太郎は大戦勃発後まもなく大量の材料を輸入し、需要増に対応することができた。他の国産メーカーは材料不足に陥り、飛躍の大きなチャンスを逃すことになる。
こうして、アジア市場で欧米メーカーと覇を争うまでになり、金太郎は「東洋の時計王」と呼ばれる。

第五話 関東大震災(素早い復興とSEIKOブランドの誕生)

大震災で溶解した懐中時計
大震災で溶解した懐中時計

1923(大正12)年9月、創業以来の非常事態にみまわれる。関東大震災である。精工舎は給水鉄塔をただ一つ残して全焼し、当時本店ビル建築のため仮住まいしていた営業所や自邸も焼失するなど、甚大な被害を受ける。
すでに62歳となった金太郎は一旦は落胆するも、四日後には精工舎の再開を宣言し、復興を開始する。

震災後の修理品返済についての広告
震災後の修理品返済についての広告

営業面(服部時計店)は、翌10月中旬に輸入時計の入荷と卸売りを開始、11月には仮営業所を完成させ、本格的に営業を始める。
また、震災前に顧客から修理のため預かっていた時計約1500個が焼失してしまうが、金太郎は新聞広告を出し、申し出た顧客に同程度の新品をもって返済し、大きな話題となる。

生産面(精工舎)は、翌10月1日、復興の第一歩を踏み出す。10月末には仮工場一棟が完成する。翌1924(大正13)年にはさらに数棟の仮工場が建設される。同年3月に掛時計を出荷、4月に懐中時計ケース、9月には目覚時計が出荷された。
非常に早いスピードで復興が可能になったのは、関係者の努力によるところが大きいが、火をあびた工作機械の6割~7割程度が修理することで使用が可能だったことも要因の一つであった。

そして、12月には新しいブランドSEIKOの腕時計の生産が開始される。この腕時計の試作品は大震災前日に完成しており、焼失を逃れたことが幸いしている。苦難を乗り越え、新たにスタートする時期に、新しいブランドが誕生したのである。この試作品が震災を生き延びたことが、精工舎の復興を促進した、このSEIKO腕時計の誕生を機に、製造設備や工程が一層近代化され、以降の発展・躍進の礎となった。

第六話 晩年

1930年 精工舎
1930年 精工舎
1932年 服部時計店
1932年 服部時計店

精工舎の復興は順調にすすみ、1932(昭和7)年には服部時計店本店が新築落成する。銀座のシンボル、現在の時計塔の完成である。大震災以来、工場復興から着手し、ようやく時計塔をもつ本店が復活した。

しかし、翌1933(昭和8)年、金太郎は病に倒れる。
1934(昭和9)年、報公的精神が人一倍強く、各種の社会事業への寄付を惜しまず、晩年には私財を投じて学術奨励の財団法人設立(服部報公会)なども行った事業家 服部金太郎は、家族にみとられながら73歳でその生涯を閉じた。

晩年の服部金太郎
晩年の服部金太郎

時計事業を世に残すという大きな目的を達するまでには数々の困難があった。まれにみる強固な意志と、なみなみならぬ忍耐力をそなえ、常に一歩先きを、急がず休まず邁進し続けた金太郎。その精神は、「世界の時計セイコー」のキャッチフレーズ、1964(昭和39)年の東京オリンピック公式計時担当、スイス天文台コンクールでの上位独占、さらには、現在の時計の世界標準となっている世界初の水晶腕時計「クオーツアストロン」の発売、2012(平成24)年の世界初の「GPSソーラーアストロン」に脈々と引き継がれている。