ここから本文です

自然の力を利用した時計

人類が最初に作った時計は自然の力を利用した時計でした。太陽の動きをそのまま利用した日時計から、一定の速さで変化する物質を活用した水時計や燃焼時計など、当時の人々の工夫が見えてきます。

燃焼時計

人々の生活に密着した道具の中で、燃える速さが安定しているものを利用して時を計るように工夫されたのがローソク時計・香盤時計・ランプ時計等です。暮らしの中で役立つ燃焼時計として広まりました。

ローソク時計

ローソク時計
ローソク時計

ローソクの燃えた長さで時刻を計った時計です。
900年頃アルフレッド王(イングランド)時代に使われたものは、長さが12インチ(約30cm)で目盛が12あり、4時間で燃えるものでした。
江戸時代、日本でもローソク時計を使用していました。

香盤時計

香盤時計
香盤時計

中国から渡来し、日本では寺院で仏前の常香盤として奈良時代に使われていたとの記述があります。お香の燃えるスピードが安定していることを利用して、燃えた長さで時刻を読み取っていました。

ランプ時計

ランプ時計
ランプ時計

油を入れる容器に目盛りを付け、燃えて減ってゆく油の量で時を計ります。
夜間の灯火と時計を兼ねていました。
時刻目盛は、夕方から朝にかけての目盛になっているものが多くあります。