画像をクリックすると拡大表示します。

1795(寛政7)年

釣鐘時計

釣鐘の中に、割駒式文字板と釣鐘を鳴らす時打ちのしかけがあり、毎正時ごとに、きれいな大きい音が鳴る。割駒式文字板は、鏡に映って正面からでも時刻が読める工夫がなされている。

名称 釣鐘時計
時期/時代 1795(寛政7)年
国/地域 日本
エピソード 日本人の美意識と面白さが加味された時計で、釣鐘のみオランダ製だが、釣鐘への彫金と内部の割駒も含めた時打ち機械時計は日本製。近藤勝之様より寄託をうけ、セイコーミュージアムに展示されている。

あわせて読みたい