画像をクリックすると拡大表示します。

1998(平成10)年

サーミック

熱発電機構を搭載した腕時計。着用者の体温と外気温の温度差を利用し、内臓された熱発電素子で発電、二次電池に蓄電し時計を動かす。フル充電で約10カ月の駆動が可能。

名称 サーミック
時期/時代 1998(平成10)年
エピソード 発電は、ケース裏側からケース表面に熱が伝わる際のゼーベック効果により起こる。腕から外し発電が止まると秒針がストップするパワーセーブ機構がある。