ここから本文です

時のトリビア

時や時計の歴史や文化、種類や構造から、
用語や概念など、幅広く「時」に関する豆知識
“トリビア” をご紹介します。
はじめて知る知識に驚き、きっと誰かに話したくなる…
そんな「わくわく」と「ドキドキ」をお届けします。

  • いつ見ても「10時8分42秒の時計」の秘密
  • 文字板の数字表記の謎4が「IV」ではなく「IIII」に?
  • 3時のおやつはなぜ「お八つ」?

いつ見ても「10時8分42秒の時計」の秘密

セイコーのアナログ式時計のカタログやパンフレットを見ると、そこに掲載されている時計はすべて「10時8分42秒」を指しています。ご存知ですか?

他社の例を調べてみると10時6分37秒、10時7分37秒、10時8分36秒、10時9分35秒など、それぞれで統一されているようです。
セイコーは1963年以降、それまでの「10時10分30秒」から「10時8分42秒」を採用しています。きっかけは当時の宣伝部担当者が、アメリカの広告表現である“シズル(sizzle)感”に感化されたことでした。シズル感とは、食べ物の広告でいえば「おいしそうな感じ」「瑞々しさ」といった意味があります。宣伝部担当者は、見ているだけでよだれがでるビーフステーキの広告を見て、「時計の広告も見ているだけで動きを感じる表現はないか?」と、検討を重ね、躍動感のある「10時8分42秒」に決めたといわれています。

「10時8分42秒」の配置には躍動感に加えて、時針・分針・秒針の3本が(1)重ならない、(2)美しく、引き締まって見える、(3)12時下のブランド名が隠れない、という利点もあることから、セイコーは現在でもこのルールを踏襲しています。

ばらばらの時間を指しているカタログ
(『服部時計店営業一覧』明治35年9月16日発行)
「10時8分30秒」と「10時8分42秒」が混在している情報誌。(「SEIKO NEWS」1963年11月号)
「10時8分42秒」で統一された紙面。
(『SEIKO NEWS』1964年2月号)

文字板の数字表記の謎・4が「IV」ではなく「IIII」に?

算用数字の4をローマ数字で表すと「IV」です。みなさん、そう思いますよね。
しかし、ローマ数字を使った時計の文字板の4時の位置には「IIII」と表示されているケースが多いのです。

この理由には諸説があります。
14世紀後半、フランスのシャルル5世が「自分の称号5から1を引くIVは縁起が悪い」と、時計師に「IV」を「IIII」に変えさせたという説。イギリスで14世紀末に作られた最も初期のウェルズ大聖堂の時計にIIIIが使われ、その後、伝統となったという説。IVでは6のVIと見分けにくく、左右対称位置にあるVIIIとバランスもいいと考えられたという説。ヨーロッパ中世の17世紀頃までは、ローマ数字の4の表記はIVよりもIIIIが一般的だったという説などさまざまです。

事実、17世紀頃まで建設された有名な機械式塔時計にはIIIIの表記が多く見られます。放射状の文字板のデザインにはIIIIの表記がバランスがよいため、それが業界の伝統となり、その後のクロックやウオッチにも残った、という説が有力と言われています。

見慣れた時計の数字にも意外な歴史があります。あなたの身の回りのローマ数字の時計にはどの「4」が使われているか、探してみてくださいね。

3時のおやつはなぜ「お八つ」?

「おやつ」といえば、午後3時頃に食べる軽食。でもなぜ「お八つ」なのでしょうか?この語源は江戸時代の時間制度である「不定時法」に関係があります。

「不定時法」には2つの表現があります。
ひとつが「子(ね)の刻」や「卯(う)の刻」のように十二支で時刻を表現する方法。もうひとつが九から四の数字で時刻を表現する方法です。時代劇の登場人物が、日の出前の空が明るくなり始めた頃を「明け六つ」と言ったりしますね。それはこの「不定時法」を使っているのです。

当時の人々は午後2時頃から4時頃に空腹を凌ぐために間食を取る習慣がありました。「不定時法」でこの時間を表現すると、「未(ひつじ)の刻」であり、「昼八つ(ひるやつ)」となるため、「昼八つ(ひるやつ)」が「おやつ」と呼ばれるようになりました。

では「おやつ」の習慣はなぜ生まれたのでしょう?実は江戸時代の中期頃までは、人々の食習慣は朝・夕の1日2食でした。そのため、朝食を食べて6~7時間ほど経った「おやつ」の頃には、お腹が空いたのです。夕食までのあと一息、仕事や勉強をがんばるためにも、昼食の代わりの間食として「おやつ」が大切なパワー補給でした。

  • 小さなマジックレバーの大きな役割
  • 時計に「石」が必要な理由とは?
  • 時計の描かれた錦絵

小さなマジックレバーの大きな役割

「マジックレバー」はセイコーが1959年に開発した、自動巻き腕時計の中に入っているはさみのような形をした小さな部品です。腕の動きで発生する自動巻き腕時計の回転錘の「回転運動」を、ぜんまいをまく「上下運動」に変えることで、効率良くぜんまいを巻き上げる、という大切な役割を持っています。どうして、そんなことができるのか、その仕組みをご紹介します。

マジックレバーのポイントは、マジックレバーの軸が回転錘の中心軸からずれた偏心ピンに入っているので回転錘が左右どちらに回転しても、マジックレバー本体は上下に動くことです。

さらに注目点は、バネになっているマジックレバーのふたつの爪です。実はそれぞれ形が違います。2つの「引き爪(A)」と「押し爪(B)」の先端は、常に動力ぜんまいの入った香箱車を回す「伝え車」にバネ力で接しています。このバネの力によって、マジックレバーが下に動く時には、「引き爪(A)」の先端が「伝え車」を手前に引いて回転させ、押し爪(B)は歯の坂の部分をすべって下ります。

逆に、マジックレバーが上に動く時には、「押し爪(B)」の先端が「伝え車」を押して前に回転させ、引き爪(A)は歯の坂の部分をすべって昇ります。
このようにマジックレバーによって、回転錘の回転方向にかかわらず、二つの爪が常に一方向に動く働きをして、「伝え車」は常に一方向に廻り効率よく動力ぜんまいを巻上げるのです。

小さなマジックレバーの大きな役割、いかがでしたか?マジックレバーは、巻き上げ効率を飛躍的に高めたセイコー独自の自動巻機構の大切な基幹部品で、今もセイコーのほとんどの自動巻の機械式時計に使われています。

時計に石が必要な理由とは?

機械式時計のカタログを見ると「石数」という表記があります。「時計」と「石」とはどんな関係があるのでしょうか?実は「石」は時計の重要なパーツのひとつなのです。

機械式時計のムーブメント(機械体)は、「地板(じいた)」を基盤にして、歯車、てんぷなどの垂直な軸のある部品を、「受け」が上から挟み込んで固定しています。地板と受けが軸を支えにして、部品をサンドイッチしているイメージです。
軸は上と下で地板や受けに接しながら、回転運動や往復運動をしています。そのため、軸が接する部分には、動きによる磨耗で精度が落ちたり、故障しないことが必要になります。

そこで、軸受けとして「石」が登場します。「石」には、磨耗や摩擦抵抗の少ない硬い人工ルビーやサファイヤなどを使用し、ここを油の皮膜で保護することで、油を長く保ちながら常に正確に歯車等の部品を動かしています。ガンギ車やテンプには、軸のまわりに穴の開いた穴石、その上に穴の開いていない受石を上下に二つづつ、合計四つも使うケースもあります。軸以外にも、磨耗しやすいアンクルの爪や振り石なども人工宝石を「石」として使っています。

最低17石あれば機能的に問題ないといわれていますが、一般的に高級で複雑な機械式時計ほど多くの石が必要になります。たとえば、グランドセイコーハイビートには37石が使用されているのです。

時計の描かれた錦絵

江戸から明治になって、急激に西洋化した当時の世の中をあてこすった浮世絵をご紹介しましょう。
『因循開花流行撃剣会』。作者は、昇斉一景(昇斉戯墨)、版元は萬孫。明治初期に描かれた3枚続きの錦絵です。

日本で古くから利用されてきた[和もの]と、西洋から新しく入ってきた<舶来もの>が、擬人化されて、剣術やなぎなた等で試合をして、どちらが流行しているのかを競い合う内容です。
右上の成田不動尊の近くでは和時計[日本とけい]が西洋からきた最新の八角時計<西洋とけい>の勢いに倒されている様子が描かれています。
その他に相対して描かれているものは、[こたつ] と <すとうぶ(ストーブ)>、[こまげた]と <くつ>、[かぶと]と <シャッポ>、[うし(牛)]と <しゃも(軍鶏)>、[ちりめん(縮緬)]と <びろうど(ビロード)>などがあります。
残念ながら、[和もの]が全滅ですが、当時の世相がわかって面白いですね。

(セイコーミュージアム所蔵)
  • 週の始まりは何曜日?
  • うしみつ(丑三つ)時
  • 時刻合わせの方法

週の始まりは何曜日?

あなたにとって「週の始まり」は「日曜日」ですか?「月曜日」ですか?
現在、ほとんどの国で使用されているグレゴリオ暦は、もともとユダヤ暦由来のもので、日曜を週初としています。ユダヤ教では安息日は土曜日、キリスト教の礼拝日は日曜日と違いはありますが、キリスト教でも、週の始まりは日曜日です。このように、歴史・文化的に、暦上の週の始まりは日曜日なので、多くのカレンダーはそれにならっています。
一方で、世界的に週休二日制が定着した今、土日をセットで「週末」と考える人が大半です。お休みを終えて仕事が始まる月曜日を週の始まりとした方が、はるかに実用的です。
実は、1971年にISO(国際標準化機構)の勧告で、生活上も実務上も、週の始まりは月曜からという規定ができ、月曜日から日曜日を1から7の数字で表すようになりました。
これ以降、何月何日を、週番号と曜日番号で特定するやり方も出てきました。ヨーロッパの一部のカレンダーが、月曜を週の始まりとしているのは、このためです。
この議論に正解はありません。しかし、「今週の日曜日」とか「来週の日曜日」といった会話を、会社や家でする場合に、お互いが思っている週がずれていることもありますので、充分注意して下さいね。

うしみつ(丑三つ)時

暑くて寝苦しい夏の夜は、怪談話で暑さを忘れようとすることがありますよね。
怪談話といえば、なぜか、「草木も眠る、うしみつ時‥‥」で始まることが多いです。
では、この「うしみつ時」とは、何時なのでしょうか。
江戸時代までは、1日の時刻を、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥の十二支で表していました。子(ね)の刻は、現在の時間に直すと、午前0時を中心とする2時間、すなわち前日の午後11時から当日の午前1時までを指し、丑(うし)の刻は午前1時から午前3時まで、というように、2時間刻みで順番に十二支を当てはめていたのです。
更に、一つの刻(いっとき)を、30分刻みで四等分して、たとえば、丑一つ(丑1刻)は、午前1時から午前1時30分までの間(もしくは、午前1時)、丑二つ(丑2刻)は、午前1時30分から午前2時までの間…、細かく時刻を表していました。
つまり、丑三つ(うしみつ)は、現代の時刻にすると、午前2時から午前2時30分までの間(もしくは、午前2時)で、正に真夜中になります。
また、当時は、昼は陽、夜は陰の気が巡って来て、特に真夜中には陰の妖気がもっとも強くなる、と考えられていました。
さらに、丑三つは方角に当てはめると、丑寅(東北)、つまり鬼門なので幽霊が出やすいと信じられていたのです。
あたりが静まり返っている真夜中には、どうぞくれぐれもご注意下さい。

時刻合わせの方法

最近の時計は、月に数秒しかずれないクオーツ時計なので、以前のように、毎日定期的に時刻合わせをする必要がなくなりました。電波修正の電波時計やGPS時計であれば、さらに便利です。 とはいえ、モーターで動いているこれらの時計は、マグネットなど磁力の影響で一時的に止まったり狂ったりすることがあります。秒針の遅れ進みは、次の手順で時刻を合わせましょう。

  1. 1. りゅうずを引いて、秒針を12時の位置で止めます。(ネジロックタイプの時計は、りゅうずを左に回してネジをゆるめてから、引き出します。)
  2. 2. りゅうずを回し分針を動かして時刻を合わせます。
    クオーツ時計の場合は、分針を時刻より5~10分くらい進めてから逆に戻すようにして時刻に合わせると、バックラッシュによる針ずれを防げます。
  3. 3. 時報と同時にりゅうずを押し込みます。(ネジロックタイプの時計は、その後、りゅうずを押し付けながら右に止まるところまでねじ込んでください。)

ちなみに、機械式時計の時刻の合わせ方は、クオーツ時計と異なりますので、また別の機会にご説明します。

  • 宇宙を旅した腕時計
  • アナログ時計で方位がわかるのをご存知ですか?

宇宙を旅した腕時計 “ファイブスポーツスピードタイマー” 6139 国産初自動巻クロノグラフ

1973年11月16日、NASA宇宙飛行士のウィリアム・ポーグ氏がサターンロケットに乗り込む際、宇宙服のズボンのポケットに入れていたのはセイコーの腕時計でした。
その時計は、セイコーが1969年の春から販売を開始した世界初の自動巻クロノグラフ、キャリバー6139セイコー『ファイブスポーツスピードタイマー』シリーズのひとつ。ポーグ氏が空軍基地内売店にて当時71ドルで買ったものでした。
セイコーの時計はNASA公認ではありませんでした。しかし、フライト訓練が始まった時点では、まだ公認時計が宇宙飛行士らに支給されていなかったため、ポーグ氏はセイコーをつけてフライト訓練をしていました。「回転ベゼルを使ってロケットエンジンの燃焼時間などを計る時、このセイコーがとても便利だということがわかった」ポーグ氏は「宇宙でもセイコーを使ってみたい」と考え、個人の私物としてミッションのお供にすることを決めたそうです。そして実際の宇宙ステーション内では、右手首にはNASA公認腕時計、左手首にはセイコーをつけて任務にあたりました。
このキャリバー6139は巻き上げ効率が良いので、手巻き機構が付いていません。そして宇宙環境下に耐えうるためのスペックなどなかったにもかかわらず、腕を動かせば回転錘がまわり、無重力空間でも時刻を正確に示したそうです。
ポーグ氏が選んだ腕時計は鮮やかな黄色のダイヤル、発売から50年近く経ってもヴィヴィッドなデザインは古さを感じさせず、今でもなお魅力的に輝いています。
ポーグ氏はこのスカイラブ4のミッションで地球を1214周し、当時の宇宙滞在最長記録84日間にわたる宇宙ステーションの任務を無事に果たしました。ポーグ氏は宇宙服を脱いだ後も長い間この腕時計を愛用していましたが、2008年、時計をオークションに出すことを決めました。そして落札金の全額を宇宙飛行士育成のための財団(Astronaut Scholarship Foundation)に贈りました。

出典元:Heritage Auctions - Official Site 2008

アナログ時計で方位を知る方法!

山歩きや街中で方角を見失った時に、太陽とアナログ時計で「南」の位置を知る方法があることをご存知ですか?

昼の12時に太陽が真南の一番高い位置にある時を南中といいます。これを利用するのです。
まず、時計を水平に保ちながら、時針を太陽の方向に向けます。その時時針と文字版の12時の中間の角度が南になります。
時針は、日時計でいう太陽の位置と考えて下さい。24時間で時針が一周する24時針付きの時計の場合は、その時のダイヤルの12時の位置が、常に南になります。
通常の時計の場合には、時針は12時間で一周するので、24時間で一周する太陽の倍のスピードで回っています。そのために、半分に補正する必要があり、ちょうど中間の角度が南の位置となるのです。
また、午前は文字板の左側、午後は文字板の右側が南になる点に注意が必要です。

実際には、日本では明石標準時の南中を12時としているために、明石以外の地域では、誤差があり、また正確に太陽の方向に時針を向けるのも難しいので、あくまで方角の目安と考えて下さい。
また、南半球では、時針と12時位置の半分の位置が、「南」ではなく「北」になることもお忘れなく。