画像をクリックすると拡大表示します。

1854年

振り子式塔時計(ビックベンのプロトタイプ)

ビックベン時計塔建造(1859年完成)のために試作されたプロトタイプ。この二重三脚重力脱進機は、風や天候の影響を受けにくい構造になっており、振り子の振り幅が狭く等時性が限りなく正確に保てることで精度が飛躍的に向上。一日わずか1秒程度の精度まで調整ができたといわれる。

音声解説

名称 振り子式塔時計(ビックベンのプロトタイプ)
時期/時代 1854年
国/地域 イギリス

あわせて読みたい